ペット保険加入で万一の際の手術や入院も安心

飼っている犬や猫が病気にかかった際、飼い主として難しい選択を迫られることになります。ペットの手術や入院で数十万円単位の高額な医療費がかかる場合も多く、経済的な理由で治療を断念せざるを得ない方も多いのです。救えるはずの命を、お金の理由で断念してしまうのはつらいことですが、昨今の厳しい経済情勢のなか、ポンと数十万円を払える人は現実的にそう多くはありません。

そんな時、「あの時、ペット保険に入っていればよかった…」と後悔されることもあることでしょう。
そしてあの時というのは、このページを見ているまさに今この時なのです。

ペット保険に加入しておくというのは、飼い主としての最低限の責任です。当サイトでご紹介しているペット保険を比較なさいまして、わんちゃん、ねこちゃんの将来に備えてあげてくださいね。

各社の比較

A社~D社:   ただ今、比較中…。

ペットは医療費控除の対象にはなりません

生計をひとつにしている家族の場合、どの人の治療費であっても医療費控除として申請することができ、確定申告をすることで税金が安くなります。

この医療費控除で返ってくるお金については、税率によって違いますので、所得の多い人ほど返ってくる税金の額も多くなる傾向がありますが、所得の低い人の場合はそれほどでもないようです。

仮に、100万円の医療費がかかった場合、高額所得者は50万円分の税金が安くなりますので、大きな医療費がかかった場合にはできるだけ確定申告することをおすすめします。

ただ、この医療費控除の対象は人間のみになりますので、ペットの場合は対象とはなりません。ペットは命のある生き物ではありますが、法律上、飼い主の物(所有物)にすぎません。飼い主がいない場合は、保健所で殺処分されるかよわい生き物なのです。

「うちのわんちゃんは、我が子同然だ!」といいましても、動物の場合は所得税における医療費控除の対象とはならないのです。このあたり、人間が入るような生命保険とはかってが違いますので注意しておきましょう。